なるべく安く薄毛対策をするようにしました。

30代になってから、何となく髪の毛が薄くなってきたのを感じてきたので、対策を取ることにしました。まだうっすらの段階だったので、なるべく安くかつ日 常生活に取り入れることができるもので対策を取りたいと思い、色々調べてみると食事である程度改善できるとのことでしたので、早速取り入れることにしまし た。

私が積極的に取るようにしているのは不飽和脂肪酸を多く含む魚介類や海藻です。特にのりはいつでも気軽に食べることができるので、以前よりも食べる量を増やしました。また、大豆やごまも不飽和脂肪酸を多く含むそうですので、豆乳にごまを入れて飲むようにしました。

逆に以前よりも控えるようにしたのはお酒と肉、そして甘いものです。髪の毛を増やすためには弱アルカリ性の体質にすることが大切だそうですが、これらを食べると酸性体質に傾きしかも健康にも良くないということで控えるようにしました。

また、体の内側からの対策に加えて外側からの対策も必要と思い、花王のセグレタを使い始めました。こちらは、使い始めてすぐに効果が出たので驚きました。

内側と外側からの両方からしっかり対策をすることにより、今は以前と同じくらいの髪の毛の量に戻ってきています。これからも続けていつまでも若々しくいたいと思います。

育毛剤のおすすめ

更年期で脱毛

ちょうど更年期、といわれる年齢になり、みるみる毛が抜け始めました。シャンプーを変えたり、婦人科で更年期障害の薬をもらっても、脱毛は止まらず。悩ん だ末、手始めに帽子をかぶって寝ることにしました。なぜかというと、どうも、頭が冷えると頭痛がして、そういう時には脱毛も激しいような気がしたからで す。なので、きちんと髪を乾かしてから、通気性の良い綿の帽子を着用。
illust1447_thumb
同時に、自分なりに頭皮チェックをすると、以前に比べてカサカサしているよ うな気がしました。髪の毛自体も乾燥している。思い切って、近所の美容室でヘッドスパに挑戦。すごくいい感じです。毛が抜けなくなったような? その後、 帽子による乾燥、保温対策をしながら、ヘッドスパをたまに。代謝が良くなったところで、シャンプーもハリ、コシを重視した品に変えました。しかも、洗髪後 べとつかないように、コンディショナーやトリートメントは、シャンプー前の乾いた状態のときにしてしまいます。そして思い切って、一度、すっぱりロングヘ アを切り、ショートに。短くなると、心理的にも抜け毛の量が減ったように思えます。今は薄毛が気にならないくらいにまで落ち着いています。