なるべく安く薄毛対策をするようにしました。

30代になってから、何となく髪の毛が薄くなってきたのを感じてきたので、対策を取ることにしました。まだうっすらの段階だったので、なるべく安くかつ日 常生活に取り入れることができるもので対策を取りたいと思い、色々調べてみると食事である程度改善できるとのことでしたので、早速取り入れることにしまし た。

私が積極的に取るようにしているのは不飽和脂肪酸を多く含む魚介類や海藻です。特にのりはいつでも気軽に食べることができるので、以前よりも食べる量を増やしました。また、大豆やごまも不飽和脂肪酸を多く含むそうですので、豆乳にごまを入れて飲むようにしました。

逆に以前よりも控えるようにしたのはお酒と肉、そして甘いものです。髪の毛を増やすためには弱アルカリ性の体質にすることが大切だそうですが、これらを食べると酸性体質に傾きしかも健康にも良くないということで控えるようにしました。

また、体の内側からの対策に加えて外側からの対策も必要と思い、花王のセグレタを使い始めました。こちらは、使い始めてすぐに効果が出たので驚きました。

内側と外側からの両方からしっかり対策をすることにより、今は以前と同じくらいの髪の毛の量に戻ってきています。これからも続けていつまでも若々しくいたいと思います。

育毛剤のおすすめ

手頃な価格の柑橘系の薬用育毛剤を見つけました

私は抜け毛が気になっていますので以前から柳屋の薬用育毛ヘアトニックを使用しています。
しかし,効果がイマイチのように感じてなりませんでした。そんな中で今,柑橘系の薬用育毛剤が何かと話題になっているような感じがします。
テレビでも”柑きろう”といったテレビコマーシャルをよく見かけますし,インターネットでも柑橘系の薬用育毛剤の宣伝をちょくちょく見かけます。
ただ,これらの商品は値段も高く,しかも通販限定といったものが多いのも特徴です。私はこれまで柑橘系の薬用育毛剤は使用したことがなかったので一度でも試してみたいという気持ちがありました。
そんな中,いつものように行きつけのスーパーに行った時のことです,たまたま洗濯用の洗剤がなくなったので洗剤や化粧品のコーナーに行った時です,男性化粧品のコーナーのところに薬用育毛剤が陳列していましたので興味本位に見ましたら”Fresh Tonic”という薬用育毛剤が目にとまりました。
さっそく手に取ってみましたら,それは私が現在使用している薬用育毛剤と同じ柳屋の商品でした。しかも,ゆずや橙を成分とした柑橘系の薬用育毛剤でした。
それに値段も1000円以下でとても手頃なので購入しました。
私は現在,以前から使い続けている薬用育毛ヘアトニックと柑橘系のFresh Tonicの2種類を使用しています。
結果の方はまだ使用しはじめたばかりなので何とも言えませんが期待したいと思います。
私の使い方は従来の薬用育毛ヘアトニックはシャンプーした日に頭皮全体にふりかけてマッサージをします。一方,柑橘系のFresh Tonicは抜け毛が気になる生え際を中心にふりかけ軽くマッサージをします。
ただ,最近はシャンプーブラシと育毛剤のおかげかわかりませんが抜け毛がほんの少し減ったような気がします。
しかし,結果はこれからだと思います。柑橘系に期待したいです。